重巡「古鷹』おかえりなさい

 

重巡 古鷹 発見される

 

2019/05/07
太平洋戦争中、南太平洋で沈んだ旧日本海軍の重巡洋艦「古鷹」が、

ソロモン諸島・サボ島沖合の海底1400メートルで見つかったと、

米マイクロソフト共同創業者で昨年死去したポール・アレン氏が設立した

財団の調査チームが5月5日に発表した。

 

同調査チームは2月25日に古鷹を発見した。

同調査チームはこれまでにも

戦艦「武蔵」、駆逐艦「島風」、軽巡洋艦「神通」、戦艦「比叡」

など数々の沈んだ軍艦を発見している。

 

古鷹さん お疲れさまでした

 

発見画像等は元サイトで、是非とも詳しくご覧いただくとして

写真を見た限りでは古鷹さんは原形をよく留めていて、

艦首の写真などでは菊の御紋も見ることができます。

その他の画像でも機関銃やスクリュー、魚雷発射管などがはっきりと写っています。

 

 

古鷹さんは、ガダルカナル島周辺において1942年(昭和17年)10月11日深夜〜12日に

行われたサボ島沖海戦で沈没しました。

 

サボ島沖海戦は、第二次ソロモン海戦後のガダルカナル島周辺海域において、

重巡青葉が米艦隊を味方と勘違いし「ワレアオバ」との発光信号を行い、海戦となり、

この海戦で古鷹 吹雪などの被害が出ました。

 

日本海軍には「伝統の夜戦」「お家芸」という言葉があるほど夜戦には自信を持っていて、

見張りの兵員には視力の良いものが選ばれ、夜目が効き、夜間戦闘に絶対の自信を持っていました。

 

しかしこのサボ島沖海戦において、

米海軍はレーダー管制射撃を行い、夜戦における日本海軍の優位を失わせた最初の戦闘となりました。

 

古鷹さんやサボ島沖海戦についてはリンク先等で確認していただくとして

やはり、先の太平洋戦争で戦没された艦艇などの発見のニュースを聞くと、

やっと、その艦や乗組員さんの菩提を弔えるような気がして、うれしいです。

 

戦って傷ついていった各国の多くの艦艇や乗組員さんの魂が癒されるよう、祈ってやみません。

フルタカエール 長い間、お疲れさまでした。

そして、お帰りなさい。

 

 

いつまでも世界中が平和であることを祈ってやみません。

 

古鷹さんは海の底で安らかに眠っていました

 

古鷹さん画像は、下記公式サイトからご覧ください。
画像等、鮮明に表示されていますので、ぜひ下記サイトでご覧ください。

 

RVPetral 鮮明な写真がたくさんあります

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

タイトルとURLをコピーしました